スムージーはオシャレで簡単な朝食メニュー

出典元:rawpixel.com

 

スムージーとは、野菜や果物をミキサーですりつぶして作るドリンクのこと。海外のセレブたちが取り入れたことで話題となったスムージーですが、今や日本でも美容や健康に気を使う女性たちの間で定番のドリンクとして知られています。

 

スムージーは自由自在にアレンジできて、手軽に栄養を取れるのがポイント。見た目はオシャレですが、とっても簡単に作れるので忙しい女性にはおすすめの朝食ドリンクです。

 

実は、ここ数年でスムージーがさらなる進化を遂げていることをご存じでしょうか?

 

なかでも人気なのが「スムージーボウル」。スムージーを深めのお皿に入れて、そこへ果物やナッツなどをトッピングしたスムージーボウルは、ただ飲むだけのスムージーよりもボリュームがあって朝食にぴったりなんです。

 

朝食におすすめ! スムージー&スムージーボウルのレシピ

では、おすすめのスムージー&スムージーボウルのレシピを紹介しましょう。

 

 

ホウレンソウ×バナナのグリーンスムージー

出典元:Unsplash

 

バナナ×ホウレンソウの組み合わせは、グリーンスムージーの定番。ホウレンソウコマツナなど、アクの強い野菜はバナナとの相性が抜群です! ホウレンソウの苦味がバナナの甘さでやわらぎ、おいしく食べられます。

 

[材料(1杯分)]
・ホウレンソウ(コマツナでもOK) 25g
・冷凍バナナ 1/2本
・牛乳 50ml
・はちみつ 小さじ1/2(お好みで)

 

冷凍バナナを使うことでシェイクのような仕上がりに! 暑い日の朝にもおすすめです。

 

ボリューム満点!お食事感覚の豆腐入りスムージーボウル

出典元:Unsplash

 

野菜や果物だけでなく、豆腐を使ったスムージーボウルは朝食にぴったり! ビタミンだけでなく、タンパク質も取れるのがポイントです。

 

[材料(1杯分)]
・バナナ 1/2本
・ホウレンソウ(コマツナでもOK) 25g
・アボカド 1/4個
・絹豆腐 1/4丁
・くるみやアーモンドなど、お好みのナッツ 5~6粒 お好み
・アーモンドミルク 50ml

 

トッピングとしてブルーベリーやいちごなどお好みのフルーツ(30gほど)やドライフルーツを加えてもOKです。

 

 

スパイスがアクセント!アジアンスムージー

出典元:Unsplash

 

このスムージーに加えるのは、ターメリックジンジャー(ショウガ)といったアジア料理やインド料理で欠かすことのできないスパイス。スパイスがピリッとして、クセになるスムージーです。

 

[材料 (1杯分)]
・マンゴー 1/2個(パイナップルやグレープフルーツなら50~100gほど)
・レモン果汁 小さじ2杯
・バナナ 1/2本
・ターメリックパウダー ひとつまみ(お好みで)
・ジンジャーパウダー ひとつまみ(お好みで。生のショウガなら薄切りにして1枚)

 

ターメリックやジンジャーなどのスパイスは東洋医学に古くから取り入れられています。気軽に手に入れることができるので、スーパーマーケットのスパイスコーナーを一度チェックしてみてください。

 

 

忙しい朝はスムージーで手軽に栄養をチャージしよう

材料さえ用意しておけば、あとはミキサーにかけるだけで作れるスムージー。簡単でヘルシーなだけでなく、おいしいからこそ続けられるドリンクです。

 

いろんなレシピを試して、ぜひ自分の好きな味を見つけてくださいね。

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする