「有機野菜」は「自然」と付き合って作られる野菜

 

有機農業の推進に関する法律」では有機農業について以下のように定義しています。

 

・化学肥料・農薬を使わない農業
・遺伝子組換え技術を利用しない
・環境への負荷をできる限り低減する

 

土壌に堆肥などの天然由来の肥料を用いて土作りをし、雑草や害虫の防除に化学薬品の使われた農薬を使わない農法で育てられた野菜が「有機野菜(オーガニック野菜)」なのです。

 

「有機野菜」=「無農薬」ではない?

 

「有機」や「オーガニック」として野菜を販売するには、国が設けた「有機JAS制度」で認定を受けなければならないというルールがあります。

 

以前、有機野菜の定義がはっきりと定まっていない時期に、少しだけ有機肥料を使った野菜が「有機野菜」として販売されていたことがありました。消費者のイメージと実情が異なる野菜が市場に出回ったため、認定機関の審査を受けて合格した野菜のみ表示が可能、と定められたのです。

 

ただし、ここで注意したいのが「有機野菜」=「無農薬」とは限らない、ということ。農薬のなかには天然由来成分などを用いた安全性が高いと認められているものがあり、それについては基準値内であれば有機農業をおこなう場合でも使用が許されているのです。

 

また、有機農業に取り組み、有機野菜と名乗って良いレベルの野菜であっても、認定を受けていない場合は「有機」という名前を表示することができません。そのため、「有機肥料のみ使用しています」「減農薬で栽培しました」「化学肥料は使用していません」という説明で有機栽培の野菜であるということを消費者に伝えている場合もあります。

 

現在では、減農薬や無農薬での栽培は「特別栽培」という表示を使うよう定められています。「有機」と名付けられていない野菜でも、化学成分の含まれない肥料を使い、農薬を使わずに育てられている野菜も多くあるのです。

 

有機農業は土にやさしく、自然な風味の野菜が育つ

 

有機栽培の良さは、土の中の生き物や微生物を殺さない点にあります。殺菌剤などを使うと土の中の微生物が死んでしまうため、土の中の有機質を分解する存在がいなくなってしまい「土が死んでしまう」のです。土の中の微生物が元気であれば、化学肥料を使わなくても野菜に栄養を与えてくれます。

 

有機農業を行っている農家の皆さんは、それぞれ工夫して土壌にあった有機質の肥料を使って土作りをしています。栽培する野菜の品種も地域の気候にあった品種をこだわって選んでいることも多く、市場に多く流通している野菜とは異なる品種の野菜を栽培している農家も少なくありません。

 

 

また、有機野菜は「味が違う」「野菜本来の味がする」と言われることも多いですよね。人間の都合で過剰に農薬や肥料を施したりせず、野菜本来の旬に合わせて根気よく付き合っていきながら育てられるからこそ生まれる味なのかもしれません。

 

農家の皆さんのなかには、有機野菜を栽培するためにこだわっているポイントを発信している人もいます。どんな考え方で有機農業に取り組まれているかを知ったうえで野菜を選ぶと、野菜の味わいの秘密がわかるかもしれませんね。

関連する記事

食材の教科書の記事ランキング

人気の食材の教科書の記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする