エディブルフラワーって何?

出典元:Pexels

 

エディブルフラワーは、食用のドライフラワー。毒性がなく、農林水産省のきまりに準じて食用栽培されたもののみが食用として食べられます。

 

種類は、押し花タイプや自然乾燥させたタイプの2種。お菓子作りや料理のトッピングなど、使用目的やシーンによって使い分けられます。

 

家庭で使う場合は、オンラインショップや製菓店などで購入したものを使うのがおすすめ。賞味期限は通常5日程度のものが多く、冷蔵庫の野菜室に保存しておけば乾燥と劣化を防ぐことができます。

 

お花の種類によりますが、エディブルフラワーにはビタミンやミネラルを豊富に含むものも多く存在します。見た目の華やかさだけでなく、野菜不足や栄養不足を補うのに一役買ってくれるのも、エディブルフラワーの大きな魅力ですね。

 

実は古代から親しまれていた!? 食用花の歴史

出典元:Pexels

 

約2800年前から古代インディオたちが砂漠で花を食べていたと言われていたり、中国でも古くから花を食べる文化があったりと、花は昔から世界各国で食べられていたそうです。また、日本でも山形県などで江戸時代から菊を食べるようになったと言われています。

 

現代では、北欧をはじめ欧米諸国で幅広い料理と一緒に親しまれてきました。

 

さらに近年は食用花を「エディブルフラワー」と呼ぶようになり、より広い地域・国で親しまれるようになったのです。

 

どんな花がエディブルフラワーとして親しまれているの?

では、どんな花がエディブルフラワーとして海外で親しまれているのでしょうか?

代表的なものと、おすすめの食べ方をご紹介します。

 

スミレ

出典元:Pexels

 

パープルのスミレは、昔から砂糖漬けにしてデザートやドリンクによく使われていました。

 

美しいパープルは、アイスドリンクやサラダなど、冷涼感のある料理に映えます。ケーキやクッキーなどの焼き菓子のトッピングに使うと、コントラストが際立って良いですね。

 

ローズ

出典元:Pixabay

 

フルーティーで華やかな香りや味が感じられるローズは、アイスのトッピング、ストロベリーやザクロといった赤い果実のデザートやジャムと相性抜群。

 

飲みものなら、ホットティーやサイダーなどに彩りを加えたいときにも使いやすいんです。

 

パンジー

出典元:Pexels

 

ややミントに近い香りと味が楽しめるパンジー。フルーツサラダや夏のカクテルなどと好相性です。パンケーキのトッピングとして、またカナッペにのせて楽しむのも良いですね。

 

ズッキーニの花

出典元:Pixabay

 

あまり聞きなじみがないお花かもしれませんが、こちらも欧米で親しまれているエディブルフラワーのひとつ。

 

やや大きめサイズで、ほんのり甘さが感じられる味が人気です。欧米ではチーズとの相性が良いことでも人気で、ピザやパスタのトッピングとしても親しまれています。

 

エディブルフラワーで食卓をより楽しく彩り豊かに

出典元:Pexels

 

料理やお菓子などの彩りに使いやすい、エディブルフラワーをご紹介しました。食卓がぱっと明るくなるだけでなく、華やかな見た目のエディブルフラワーはおもてなしにもぴったり。

 

ぜひ、食卓にお花たちを迎えてみませんか?

 

関連する記事

食材の教科書の記事ランキング

人気の食材の教科書の記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする