こんにちは、季節の恵みを味わう保存食料理家/管理栄養士のきくち りつです。

 

スリランカ料理は前回ご紹介した『ミリスマール』のように辛い=旨い「サライラサイ」という考え方があり辛いものが多いのですが、中にはお子様も食べやすいマイルドな料理もあります。

 

スリランカの食文化としては、海に囲まれた自然が豊かな島という地理のため、魚介類がよく食べられます。

 

 

また、かつお節によく似た「モルジブフィッシュ」とあちこちにたくさんココナッツの木があるので、たくさん採れるココナッツとカレーリーフ、スパイスを多用します。

 

 

アーユルヴェーダ(スリランカ・インドの伝統医療)の「医食同源」の考えに基づき、自然から享受する恵みで1つの主食にいくつものおかずを乗せて食べる「一飯多菜」のスタイルが主流です。

 

 

主食は白米や赤米など粘り気のない米を中心に小麦粉で作ったロティや豆の粉で作った揚げせんべいのパパダムを添えて食べることもあります。家庭料理は各家庭の菜園で採れた野菜を多く食べるのも特徴です。

 

 

 

今回は手に入りやすく食べやすいカジキマグロの切り身を使って、マイルドな魚カレー『キリマール』と、一緒に盛り付けて混ぜ合わせて食べるレンズ豆のココナッツカレー『パリップ』、さっぱりと食べられるゴーヤの和え物『カラウィラサンボル』をご紹介します。

 

『キリマール』

「キリ」=ココナッツミルク、「マール」=です。

 

マイルドな魚のココナッツ煮です。カジキマグロなど切り身の魚をさっと煮るので時間をかけずに作ることができます。

 

 

材料(2人分)

・玉ねぎ           1/2個
・トマト           8個
・ししとう          8本
・にんにく          1片
・生姜            1かけ
・ココナッツオイル      大さじ1
・黒こしょう         小さじ1
・チリパウダー        小さじ1
・ターメリック        小さじ1
・フェヌグリーク       小さじ1/2
・シナモン          1/2本
・カレーリーフ(カラピンチャ)8枚
・ランぺ           1枚
・カジキマグロ(切り身)   2切れ(約120g)
・ココナッツミルク      2カップ
・水             1カップ

・レモン           1/2個
・塩             小さじ1

 

作り方

1.鍋にココナッツオイルとスパイスを入れて香りが立つまで中弱火で炒める。(子どもには黒こしょう、チリパウダー抜きで)

 

 

2.スライスした玉ねぎ、にんにく、千切りにした生姜を入れてしんなりするまで炒める。

 

 

3.半分に切ったトマト(今回はプチトマト)、獅子唐、ランぺ、カレーリーフを入れて軽く炒める。

 

 

4.一口大にカットしたカジキマグロを入れて色が変わるまで炒める。

 

 

5.鍋にココナッツミルク、水を加えて中強火でふたをせずに煮詰めていく。

 

 

6.10分ほど煮たら塩で調味して仕上げる。仕上げにレモンを絞って出来上がり。

 

 

ワンポイントアドバイス

・辛みが苦手なお子様には黒こしょうとチリペッパーを除いて作って下さい。

 

・魚の臭みが気になる方は切り身に軽く塩を振ってしばらく置き、キッチンペーパーで水気をふき取ってから加えてください。

 

・カレーリーフとランぺが無ければローリエで代用して作ってもおいしくできます。

 

『パリップ』(2人分)

マイルドな豆のココナッツ煮は肉や魚のカレーに添えて混ぜていただきます。

 

▲下の列 右側にあるのがパリップです

 

材料

・レンズ豆(皮むき)  150g
・玉ねぎ        1/4個
・青唐辛子       1本
・モルジブフィッシュ  2g
・シナモン       5cm
・ターメリック     小さじ1/2
・カレーリーフ     3枚

・チリパウダー     小さじ1/2
・ランぺ        1枚
・ココナッツミルク   50ml
・水          1カップ

 

作り方

1.モルジブフィッシュは湯で戻してから刻んでおく。カレーリーフも刻む。青唐辛子は輪切りにする。

 

レンズ豆はボウルに水をためてかき混ぜて浮いてきたごみを流す。水の濁りが無くなるまで3回ほど洗っておく。

 

2.小鍋にレンズ豆、水、スパイスを入れて中弱火で火にかけ、豆が柔らかくなるまで15分ほど煮る。

 

 

3.豆が柔らかくなったらココナッツミルクを加えて5分ほど煮てとろみが付いたら塩で調味する。仕上げにレモンを絞って出来上がり。

 

 

ワンポイントアドバイス

・レンズ豆は皮むきのもの(オレンジや黄色の半割のもの)を使いましょう。ゴミが入っていることがあるので、よく洗い流しましょう。

 

・辛みが苦手なお子様にはチリパウダーは抜きで、青唐辛子の代わりにピーマンや獅子唐を輪切りにして使ってください。

 

・カレーリーフ、ランぺは無ければローリエで代用してください。

 

・モルジブフィッシュがなければかつお節で代用してください。

 

『カラウィラサンボル』

「カラウィラ」=苦瓜、「サンボル」=和え物です。
苦瓜の苦みとレモンの酸味でカレーをさっぱりとさせてくれる付け合わせです。

 

▲下の列 真ん中にあるのがカラウィラサンボルです

 

材料(2人分)

・苦瓜         1/2本
・赤玉ねぎ       1/4個
・モルジブフィッシュ  1g
・ココナッツオイル   大さじ1
・ココナッツファイン  大さじ2
・チリパウダー     小さじ1
・塩          小さじ1/3
・レモン        1/2個

 

作り方

1.苦瓜は種を取り除きスライスし、塩をまぶしておく。赤玉ねぎは縦にスライスする。モルジブフィッシュは湯で戻して刻む。

 

2.フライパンにココナッツオイルと苦瓜を入れてしんなりするまで炒める。

 

 

3.フライパンにココナッツファイン、チリパウダーを加えて火を止める。

 

 

4.赤玉ねぎを加えてレモンを絞り入れたら出来上がり。

 

 

ワンポイントアドバイス

・モルジブフィッシュが無ければかつお節で代用してください。

 

・人参の千切りで同じように和えれば『キャロットサンボル』になります。

 

まとめ

 

魚を美味しく食べられるスリランカカレーと付け合わせ2種、いかがでしたでしょうか?

 

前回の『ミリスマール』、『オニオンサンボル』、『ポルサンボル』と組み合わせてワンプレーとに盛り付ければ一気にスリランカ気分が盛り上がります。

 

【夏の疲れを癒す】青魚を美味しくいただけるスリランカのカレー「ミリスマール」

 

ターメリックやフェヌグリーク、シナモンなど胃腸の調子を調えるスパイスの効果と、油の使用量もインドカレーと比べて少なく野菜をたくさん食べられるので、食後は胃もたれせずすっきりと身体の調子が整った感じがするのではないでしょうか?

 

季節の変わり目にはスリランカ料理を取り入れて夏の疲れを癒してくださいね。

 

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする