みなさんこんにちは。トマト嫌いなのに、なぜか大学で4年間トマトの研究をしていた北條怜子です。今回ご紹介するのは、野菜舌の肥えた私が、食べて思わず「これが野菜の美味しさだ!」と我に返るような美味しいサラダが味わえるサラダ専門店です。

好きにカスタムしてそのままお持ち帰りできる、都内のサラダ専門店を3つご紹介

「VEGE STAND(ベジスタンド)」

参照元:VEGE STAND公式HP

 

白とグリーンのオシャレシックな装い

店内は、白い壁と植物を模した飾りがたくさんあり、都会の中のオアシスのような佇まいです。

 

ファストフード感覚で身体にいい野菜を

使用している野菜は、西日本を中心とした契約農家さんから直接仕入れた有機栽培野菜がメインとのこと。また、チアシードやフムスなど、話題の美容食材も積極的に使用されているそうです。食品添加物や保存料は不使用で、サラダの他にスムージーやボリュームたっぷりのベジホットドッグもあります。また、ヴィーガンの方向けのメニューも色々種類がありました。全商品テイクアウトできます。

 

店舗

新宿に1店舗のみあります。新宿マルイ本館のB1です。

営業時間

平日は7:00〜21:00まで営業しています。朝早くから空いているのが嬉しいポイント!出社前に朝ごはんやランチ用のサラダを購入できますよ。

 

Let’sカスタム!

店内のカラフルな壁画。インスタ映えが止まりません。

 

実際に店舗に行って、カスタムサラダを作ってきました!カスタムサラダを作る手順は以下の通りです。

①グリーンベース(1種類:ロメインレタス、サニーレタス)のサイズ(M:400円、L:600円)を選ぶ
②トッピングを選ぶ(最低何種類以上という制限はないとのこと)
③ドレッシングを選ぶ
これで完成です。

 

②のトッピングは全部でなんと43種類(50円:27種類、100円:10種類、150円:4種類、200円:2種類)。50円のものは、かぼちゃ、ビーツ、ブロッコリー、くるみ、ささみ、パプリカ、パクチー、ラディッシュ、くこの実、ミックスビーン、マッシュポテト、キヌアなど、野菜だけでなく美容に嬉しい食材もあります。

 

100円のものは、アスパラ、いちご、ぶどう、オレンジ、ドラゴンフルーツ、モッツァレラチーズなど、フルーツ系が充実しています。150円より上は、生ハム、ローストビーフ、アボガド、スモークサーモンといったメイン系食材が多いです。お手頃価格な食材の種類が多いのは嬉しいですね。

 

③のドレッシングも全部で驚きの21種類あります。特に人気があるのは、さっぱり系ではバルサミコ、さっぱりレモン、ノンオイル和風こくみ、クリーム系ではスパイシー・コブ、サウザンアイランドとのこと。他にも定番のシーザーからバジル&チーズ、変わり種のトマトヒアルロンというドレッシングまでありました。トマトヒアルロンには、トマトのペーストとトマトのコラーゲンジュレが入っているそうです。

 

私がカスタムしたのはこちらです!(税込1,080円)

 

①グリーンベースM、②トマト、アスパラ、オニオンチップ、アボガド、モッツァレラチーズ、生ハム③バジル&チーズにしました。お持ち帰りOKなのですが、せっかくなので可愛い店内で頂くことに。シャキシャキの葉物野菜はもちろんのこと、特に感動したのは、アスパラの水々しさです!太いのに全然筋っぽさがなくて、柔らかくて甘かったです。また、トマトも味が濃厚で、2粒でも十分満足できる味でした。

 

ドレッシングは、バジルの風味、酸味と塩気のバランスが丁度良かったです。オニオンチップのサクサクの香ばしさとよく合いました。ドレッシングは全体に絡めるのではなく上からかけるスタイルで、しっかり味の部分と野菜をダイレクトに楽しむ部分とで、交互に楽しめます。Mサイズで十分お腹いっぱいになりました。

 

伺った時間帯は日曜日の夕方20時頃で、同じフロアにコスメや雑貨売り場があるためか、女性がお一人で食べに来られている姿をたくさん見かけました。店内は2人掛けが6席ほどあります。お店で提供しているオリジナル組合せのサラダもあり、ネーミングが「ビタミナル」、「ケア マイ スキン」、「ジュエリーフルーツ」などキャッチーで可愛いかったです。また、店内には低糖質のスイーツ(バームクーヘン、クッキーなど)も各種販売されていて、特に女性の嬉しいポイントが詰まったお店でした。

 

VEGE STAND 公式HP

 

 

 

「サラダデリ MARGO(マルゴ)」

出典元:サラダデリ MARGO 西新宿五丁目本店の外観

 

スタイリッシュなナチュラル空間

ウッドテイスト×ブラウン系の内装で大人ナチュラルな雰囲気です。

 

新鮮なサラダで栄養補給

食習慣が乱れがちな都会の生活の中で、朝、昼、夜といつの時間も、手軽に美味しくサラダで栄養がとれるようにという思いが込められて誕生したお店とのこと。旬の国産野菜にこだわっていて、お野菜には食品添加物や保存料が不使用。また、カスタム以外のメニューには、体質改善やボディメイクに特化した機能性サラダやパーティー用の大容量サラダもありますよ。

 

店舗

新宿を中心に都内に5店舗あり、うち4店舗は新宿、1店舗は大手町にあります。

営業時間

平日の夜は20:00〜21:00頃まで営業している店舗が多いです。新宿オークタワー店のみ営業時間が10:30〜15:00となっているそうです。また、イートインとテイクアウトで終了時間が異なる店舗もありますので、事前に下記の公式HPなどで確認されることをおすすめします。西新宿五丁目の本店は、平日テイクアウトなら22:30まで空いているので、お仕事が遅くなっても会社帰りに立ち寄ることができます。全商品テイクアウトできます。さらに、宅配サービスもされているとのこと。

 

Let’s カスタム!

出典元:サラダデリ MARGO カスタムした野菜をドレッシングで和えていただいている様子。

 

自分だけの特別なサラダが出来上がっていく様子にウキウキします!

 

実際に店舗(西新宿五丁目本店)に行って、カスタムサラダを作ってきました!カスタムサラダを作る手順は以下の通りです。

①ベースとサイズを選ぶ(3種類)
 3種のグリーンレタス(R:300円、L:450円)
 フリルケール+3種のグリーンレタス(R:500円、L:700円)
 フリルケール(L:700円のみ)
②トッピングを選ぶ(最低何種類以上という制限はないとのこと)
③ドレッシングを選ぶ
④お好みでトッピングを選ぶ
これで完成です!

 

②のトッピングは全32種類あります。野菜では、パプリカ、ミニトマト、紫キャベツ、クレソン、青パパイヤとキャロットのマリネ、4種のキノコのマリネ、グリルドポテト(各100円)に加えて、ドライトマト(200円)もあります。お肉系では、スパイシーグリルチキン、柔らか蒸し鶏、タコスチキンミート(各200円)、国産牛のローストビーフ、スモークサーモンとケイパー(各300円)など、食欲をそそるラインナップが揃っています。最後にその他ジャンルとして、ショートパスタ、雑穀ミックス、ゆで卵(各100円)やカッテージチーズ、パルメジャーノチーズ(各200円)など、お腹がペコペコの時に嬉しいトッピングも充実しています。

 

③のドレッシングは、ネット上では全8種類でしたが、店舗に行ってみると季節限定の梅ポン酢やごまポン酢などもありました。さっぱり系のバルサミコ、フレンチビネガー、マイルド系の深入りゴマなどの他に、フレッシュトマトのサルサソース、パクチーチリ、ジャポネーゼという玉ねぎベースの和風味もありました。また、ドレッシングを2種類組み合わせることもできるそうです。

 

④のトッピングは全部で8種類あり、なんと何種類かけても無料とのこと!岩塩、ゴマ、乾燥バジル、フライドオニオン、チリフレーク、オリーブオイルなどがありました。

 

 

そして私がカスタムしたのはこちらです!(税込1,400円)

 

①フリルケール+3種のグリーンレタスR、②パプリカ、紫キャベツ、ドライトマト、国産牛のローストビーフ、ゆで卵、③ジャポネーゼ、④ゴマ、乾燥バジル、フライドオニオンにしました。ジャポネーゼってどんな味なのだろう…ととても気になっていたのですが、食べてみると玉ねぎドレッシングに醤油の香ばしさをプラスしたような味わいでコクがあって美味しかったです。

 

葉物野菜はとても水々しく、また特に感動した食材が二つあります。一つ目は、店員さんに美味しいですよとオススメしていただいたドライトマトです。トマトの風味がぎゅっと凝縮されていて、とても良い味を出していました!二つ目は、フリルケールです。ケールは、苦くて独特の味があるという印象を持っていたのですが、こちらのケールは全然苦くなくて、くせも少なく程よい青みがあり食べやすいです!

 

ドレッシングを全体に絡めるスタイルだったので、ローストビーフにもドレッシングがたっぷり絡んで、お肉×ドレッシングの味をしっかり楽しむことができました。こちらもRサイズで十分お腹いっぱいになりました。また、追加のトッピングにある、パルメジャーノチーズがすごく美味しかったので、チーズがお好きな方は是非とも頼んでみていただきたいです。

パルメジャーノチーズをかけるといっそうオシャレに。

私が伺った西新宿五丁目本店は、1階が購入するスペースで2階がイートインになっていました。時間帯は日曜日の夕方21時頃で、そのままテイクアウトしたため2階は見ていませんが、イートインスペースは30席ほどあるそうです。サラダの他に、ドレッシングやアイスなども販売されていました。

 

サラダをカスタムするにあたり、店員さんに「インスタ映えがしたいです…」と思いの丈を伝えたところ、「まずはメインから選ぶといいですよ! 紫キャベツも入れると綺麗ですよ!」など、とっても丁寧に一緒に悩みながら選ぶのを手伝ってくださいました。素敵な店員さんに出会えて嬉しかったです。また、選んだ野菜はつど大きなガラスのボウルに入れて、最後にドレッシングと混ぜてくださるのですが、その光景もダイナミックで見ていて楽しかったです。

サラダデリ MARGO公式HP

 

 

「With Green(ウィズグリーン)」

参照元:WithGreen公式HP(神楽坂店)

 

ウッドテイストが基調のカントリーな佇まい

どの店舗も白×ウッドテイストの内装になっていて、暖かみのある雰囲気です。

旬のものをヘルシーに味わう

「With Green」は、日本の外食を少しでもヘルシーなものに変えたいという思いからオープンされたとのこと。旬のものを大切にしているため、季節限定のサラダもあります!今の時期ですと、「冬野菜を味わう生姜のスープサラダ(税込880円)」があります。白菜、かぼちゃ、紅芯大根などの野菜のほか、蒸し鶏や玄米も入っていて、身体ぽかぽか&お腹いっぱいになれる一品です。お野菜には、食品添加物や保存料が不使用とのこと。全商品テイクアウトできます。

 

店舗

神楽坂、銀座、田町などの都内を中心に5店舗、横浜に2店舗あります。

営業時間

店舗にもよりますが、平日の夜は20:30〜22:00頃まで営業している店舗が多いです。横浜店はなんと23:00まで営業しています。店舗によっては、ラストオーダーが30分前までのこともありますので、下記の公式HPなどで一度確認されることをお勧めします。

 

 

Let’s カスタム!

お店の入り口に飾られているボード。男女共に人気なのは「ハーブチキンと彩り野菜のサラダ」。

 

実際に店舗(神楽坂店)に行って、カスタムサラダを作ってきました!カスタムサラダを作る手順は以下の通りです。

①ベースとなるミックスリーフ(1種類)のサイズ(S、M、L)を選ぶ
②スタンダードトッピングを4種類選ぶ
③ドレッシングを選ぶ
これで完成です!

 

②のスタンダードトッピング(各50円)は全13種類で、さつまいも、かぼちゃ、コーン、トマト、大根、レンコンなどの野菜から、豆腐や玄米まであります。ここで、別料金になりますが「プレミアムトッピング」を選択することもできます。蒸し鶏や豆(各100円)、ハーブチキン(300円)、ポークハム(250円)などです。

 

③のドレッシングも全13種類あり、さっぱり系は梅しそ(ノンオイル)、柚子しょうゆ、オニオンなど、マイルド系はごまクリーミー、ハニーミルク、ナッツ、シーザーなどがあります。たくさんあって悩みますね。ハニーミルクは名前の通り甘いドレッシングだそうなので、ホクホク系の野菜に合いそうだなと思いました。

 

私がカスタムしたのはこちらです!(税込930円)

 

①ミックスリーフS、②さつまいも、かぼちゃ、人参、りんご、ポークハム(追加)、③ナッツにしました。お持ち帰りOKなのですが、せっかくなので店内で頂くことに。最初に感動したのは、サラダを口に運んだ時にフワッと広がるナッツの香りです!味は、ごまドレッシングのナッツ版という感じで、クリーミー&香ばしくてとても美味しいです。ドレッシングは全体に絡めてあるスタイルでした。

 

葉物野菜と人参はシャキシャキ、さつまいもとかぼちゃはホクホクで、食感のコントラストも楽しめました。サラダに入っているホクホク系の野菜って、時々全然ホクホクしていなくてがっかりすることがあるのですが、「With Green」さんのはちゃんとホクホクしていて甘くて嬉しかったです。

 

奮発して追加トッピングしたポークハムですが、予想していたよりもゴロゴロたくさん入っていて、追加して良かったなぁと思いました。野菜の美味しさ、ポークハムの肉肉しさ、そして時々りんごの甘さがアクセントになって、満足いっぱいの一品でした。sサイズでも十分お腹いっぱいになりました。またこちらのサラダは、フォークで刺した時に丁度いい大きさに刻んであるため、とても食べやすかったです。

 

私が伺った神楽坂店は、階段を上がって2階に店舗がありました。時間帯は日曜日の夕方18時頃でしたが、女性2人客が半数、もう半数はお一人で食べに来られていました。店内は20席ほど。店員さんの笑顔が素敵でした。

 

With Green公式HP

まとめ

今回は3つのサラダ専門店に伺いましたが、どのお店でも共通して感動したのが、野菜の段違いのシャキシャキ感&味の濃さでした。野菜が新鮮だからこそ、カスタムした時に他の食材やドレッシングで味が損なわれることなく、野菜本来の美味しさを十分に発揮できるのだなと感じました。野菜が大好きな方も、最近野菜が足りていないなと感じる方も、ぜひカスタムしてお好きな場所で美味しいサラダを味わってみてください。

 

北條 怜子

システムエンジニア兼ライター。農学部でトマトの栽培を4年間研究したのち、IT×農業で何かできないかとシステムエンジニアに転向しました。食べること、作ること、そして人と関わることが大好きです。読んだ人の栄養になる。を目指して言葉を発信していきたいです。

 

関連する記事

レシピの記事ランキング

人気のレシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする