こんにちは。季節の恵みを味わう保存食料理家・管理栄養士のきくち りつです。今回皆様にご紹介したいのは「ぶどうの木農園」さんの「無農薬!金沢のおまかせ野菜詰め合わせ」セットです。

 

石川県を中心にレストランやブライダル、洋菓子の製造・販売をしている「ぶどうの木」は本社周辺で耕作放棄地が目立ち始め、獣害にもみまわれるようになりました。

 

そこで、そこを畑として再生しようと農薬・除草剤不使用、化学肥料も使わない農法で野菜作りを始めたのが「ぶどうの木農園」です。

 

これまで収穫された野菜は直営レストランでのみ使用されてきましたが、コロナの影響で行き先を失った自慢の野菜を一般のご家庭でも楽しんでもらおうと食べチョクに出品されたそう。

 

今回は、そんな今だから味わえる特別なお野菜をレシピと一緒にご紹介します。

 

今回届いたお野菜の紹介

今回のセットには旬の花ズッキーニをリクエストで入れていただきました。

 

食べチョクで注文する場合、生産者さんへの質問やリクエストは「この商品に関するQ&A」というコーナーから問い合わせることが出来ます。

 

届いた内容はこちら。

 

▼サラダミックス

 

▼マイクロきゅうり

 

▼ズッキーニとベビーズッキーニと花ズッキーニ

 

▼赤たまねぎと新じゃが

 

▼金時草

 

▼エディブルフラワー(きゅうりの花、金盞花、ペンタス、マロウの花)

 

▼マイクロトマトとミニトマト

 

▼おまけのローズマリーと丁寧なお野菜の説明のお手紙も入っていました

 

まずは、小さくて可愛いマイクロきゅうり、マイクロトマト、ベビーズッキーニでピクルスを作ります。

 

マイクロきゅうりはメキシコ原産のつる性の植物で、縞模様でカリカリとした歯ざわりと酸味があるので、「ライムすいか」「すいかきゅうり」などいくつもの名前で呼ばれ、最近注目されている野菜です。

 

小さな国のピクルス

 

材料(200mlの瓶 1瓶分)

マイクロきゅうり

マイクロトマト

ベビーズッキーニ

…合わせて100gくらい

 

〈ピクルス液〉

酢             100ml

水              50ml

砂糖             大さじ2

塩              大さじ1/3

ローリエ             1枚

マスタードシード(イエロー)  小さじ1

 

【作り方】

1.小鍋にピクルス液の材料を入れて加熱し砂糖が溶けたら火を止める。

 

2.耐熱容器にマイクロきゅうり、マイクロトマト、ベビーズッキーニを入れて1を熱いうちに注ぎ入れる。

 

3.冷めたら冷蔵庫で保存する。

 

ワンポイントアドバイス

・保存期間は冷蔵庫で2週間

 

・ピクルス液を多めに作って、きゅうり、にんじん、大根などを漬けても〇。大きい野菜を漬けるときは切った野菜に熱湯をかけて余計な水気を切ってから漬けると歯触りが良く漬け上がります。

 

赤玉ねぎのアチャール

 

赤玉ねぎはカレーやエスニック料理の付け合わせにぴったりの簡単な保存食にしました。

 

材料(500ml瓶 1瓶分)

赤玉ねぎ      2個

レモン       1個

塩         小さじ1

チリパウダー    大さじ1

 

作り方

1.赤玉ねぎはスライスして塩、チリパウダー、レモン果汁1個分を絞り入れ、混ぜてしばらく置いておく。

 

2.しんなりしたら瓶に詰め、冷蔵庫で保存する。

 

ワンポイントアドバイス

保存期間は冷蔵庫で2週間

 

・「チリパウダー」は唐辛子のほか、パプリカ、オレガノ、クミン、ガーリックなどがブレンドされています。

 

単品の唐辛子(チリーペッパー)の粉末と混同されやすいのですが、日本では一般にこのような配合でミックスしたものを指すことが多いです。

 

ただ、単品の唐辛子の粉末を「チリパウダー」と表示していることもあるので注意が必要です。お好みで量を加減してくださいね。

 

また、ズッキーニは賀茂なす、ミントと一緒に塩炒めにして、赤玉ねぎのアチャールと一緒にガパオライスの付け合わせにしました。

 

 

金時草はさっと茹でて、刻みみょうがと紫蘇を乗せてポン酢をかけてさっぱりといただきました。

 

 

金時草は葉をちぎった後に残った茎をベランダのプランターの土に挿しておいたら、ちゃんと根付いてすくすくと育っています。

 

花ズッキーニのモッツァレラチーズフリット

 

花ズッキーニはモッツァレラチーズを詰めてフリットにして、ベビーリーフとエディブルフラワーのサラダを添えていただきました。

 

よくよく見てみるとわかるのですが、花が大きく茎から伸びているのが雄花、赤ちゃんズッキーニが付いている方が雌花です。大きい雄花にはケチャップライスも一緒に詰めました。

 

今回は、衣に塩を入れずにベランダのローズマリーの花と塩を混ぜたものをふっていただきました。ビールを入れるとふんわりカリッと仕上がります。

 

材料

花ズッキーニ       雄花、雌花合わせて10個

モッツァレラチーズ(小)  10個

ご飯           100g

ケチャップ        大さじ1

イタリアンパセリ     適量

小麦粉(まぶす用)    適量

 

〈衣〉

薄力粉          90g

片栗粉          10g

ビール(冷えているもの) 150ml

揚げ油          適量

 

〈仕上げ〉

ベビーリーフ       適量

オリーブオイル      適量

レモン          適量

ローズマリー       適量

塩            適量

 

作り方

1.ご飯にケチャップ、イタリアンパセリのみじん切りを入れて混ぜておく。

 

2.花ズッキーニを開いておしべとめしべを取り除く。

 

3.雌花の花の中にモッツァレラチーズを入れて花びらの先をひねって閉じる。

 

4.雄花の中にモッツァレラチーズとケチャップライスを詰めて花の先をひねって閉じる。

 

5.3と4に薄力粉をまぶして余計な粉ははたいて落しておく。揚げ油は温めておく。

 

6.ボウルに衣の材料を入れて軽く混ぜ合わせ、5に絡めて中温(170℃)の揚げ油の中に入れて揚げる。

 

7.皿にベビーリーフと一緒に盛付け、ベビーリーフにレモンとオリーブオイルをかけて塩とローズマリーを混ぜたものを全体にふる。

 

ワンポイントアドバイス

・花ズッキーニは鮮度が落ちると花びらが開きにくくなるので、買ったら出来るだけ早く料理しましょう。

 

・薄力粉だけで衣を作っても大丈夫ですが、片栗粉が入っているとカリッとした食感になります。

 

・ビールのアルコールは加熱すると飛んで残りませんが、アルコール苦手な場合は代わりに炭酸水を使ってください。

 

まとめ

 

ぶどうの木農園さんの野菜を使ったお料理はいかがでしたか?

 

鮮度がよく美味しくて、きらきらと見た目も可愛らしく、写真映えバッチリ!定期便もあり野菜の種類は季節ごとに入れ替わるので、一年中楽しめる野菜セットです。

 

ぜひお試しくださいね。

 

詳しく見てみる

 

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする