「こたつにみかん。」

 

冬の代名詞とも言えるこの言葉。

 

日本の寒い時期のお供といえばみかんを初め、様々な柑橘果物ではないでしょうか?

 

筆者もおうちにいる時間が増えた今、実家にいた頃を思い出し、段ボール箱いっぱいお取り寄せして楽しんでいます。

 

ついつい食べてしまう柑橘類ですが、冬に収穫できるものには、みかん、デコポン、ポンカン、八朔…と様々な種類があります。

 

その中でも、本日の主役は「伊予柑」。

 

「たくさんある他の柑橘類と比べ、一体何が違うのか。」

「段ボールでまとめ買いした時だからこそ、アレンジして楽しんでみたい…。」

 

そんな伊予柑の魅力を、管理栄養士兼フードコーディネーターの麻友美がご紹介します。

 

伊予柑ってどんな果物?

 

伊予柑の大きさは、ちょうど手のひらいっぱいに乗るくらいのサイズ。

 

みかんよりもひとまわり大きく、大粒な果実を楽しむことができます。

 

皮はやや厚めですが柔らかく、手で剥くことができるのがいいですよね。

 

みかんの生産地といえば和歌山県、愛媛県、静岡県の三県が有名ですが、この伊予柑は約9割が愛媛県で生産されています。

 

 

伊予柑を楽しむうえで特に注目してほしいのは、”香り“。

 

皮をむいた時に広がる爽やかな香りには思わず頬が緩みます。そんな香りを楽しみながら、大粒で果汁たっぷりの果実を頬張る瞬間はたまりません。

 

また、伊予柑は甘味が強すぎず、酸味とのバランスが良いのも特徴。そのまま食べるのはもちろん、料理やお菓子作りなどにもぴったりです。

 

 

ちなみに、甘味が強い柑橘類を食べたい!という方には、同時期に旬を迎えるポンカンがおすすめです。

伊予柑と同じくらいの大きさで皮もむきやすく、しっかりと甘みを感じることができます。

 

いろんな柑橘類が手に入る旬の季節に、食べ比べを楽しんでみるのもいいですね。

 

伊予柑でマーマレード作りに挑戦! 

 

そもそもマーマレードとは、柑橘類を原料にして作るジャムのこと。

 

その中でも、果物の皮も一緒に煮込んで作るものがマーマレードと呼ばれています。

 

どの柑橘類を使っても作ることができるのですが、今回は香りが強く、酸味のバランスも良い伊予柑を使ってマーマレードを作ってみたいと思います。

 

伊予柑マーマレードの作り方

■材料(作りやすい分量)
・伊予柑の果実 3個分
・伊予柑の果皮 1個半分
・砂糖 全重量の50%
・レモン汁  大さじ1
・水 適量

 

■作り方
1.伊予柑をきれいに洗い、果皮をむきます。綺麗な部分(約1.5個分)は使用するので残しておいてください。実を包む薄い白皮(内果皮)もむき、果肉を取り出します。

 

2.残しておいた綺麗な果皮は裏側の白い部分を削ぎ切り、1~2mm幅くらいの細切りにします。

 

 

▲白い部分は苦味になるので、

お好みに合わせて取り除いてください。

完璧に取り切らず、

薄く残っているくらいがおすすめです。

 

3.水と2を入れて中火にかけ、沸騰したら2〜3分程煮ます。火から下ろしてザルにとり、再度水と共に鍋に入れ、同じ手順で煮ます。合計3回程繰り返すことで、皮のエグみを取り除くことができます。

 

 

4.果肉、砂糖、3を別の鍋に入れ、一晩おきます。(急いでる場合は数時間程でも大丈夫ですが、寝かすことで砂糖がしっかりと馴染みます。)

 

 

▲砂糖が全体になじみ、

果実からたくさんの水分が出てきます。

 

5.しっかりと水分が出てきたら鍋を中〜弱火にかけ、時々かき混ぜながら30分程煮込みます。

 

6.水分が1/3程になり、少しとろみがついたらレモン汁を入れ混ぜ、火から下ろします。
※冷えてくるとしっかりとろみがつくので、少しゆるい程度で止めておくとちょうどいいです。

 

7.煮沸消毒したお好みの瓶などに詰めて完成です!

 

 

パンやヨーグルトにつけて食べるのはもちろん、マフィンやパウンドケーキなどの焼き菓子に混ぜ込んでも美味しく食べられます。

 

お菓子だけでなく、お肉料理にもぴったり!鶏肉や豚肉などと一緒に煮込むと、立派なメイン料理に早変わりしますよ。

 

お手軽!伊予柑を使った簡単なアレンジ料理

 

マーマレードを作るのは難易度が高そう…という方は、大粒の果肉をゼリー液や牛乳プリンなどに入れて、手軽に『贅沢伊予柑ゼリー』などにするのもおすすめです。

 

また、伊予柑をそのままサラダに入れてみたり、果汁をドレッシングや料理のソースに加えてみてもおいしいですよ。

 

旬の時期にたくさん買って、ぜひいろんなアレンジにも挑戦してみてくださいね。

 

今回購入した商品はこちら!

伊予の柑橘 「伊予柑」食べ切り 3.5kg

 

皮をむいてそのまま食べてもよし。
果汁でお酒を割ってもよし。
皮をマーマレードにするもよし。

ぜひお好きなアレンジでお楽しみください。

 

かじ坊さんの伊予柑をみる

 

<参考>

・農林水産省HP

https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1701/spe1_04.html

https://www.maff.go.jp/j/kokuji_tuti/kokuji/k0000078.html

・全農えひめ

http://www.eh.zennoh.or.jp/public_magazine/pdf/agreed200203.pdf

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする