「バターチキンカレー」とは

バターチキンカレーは、鶏肉を数種類のスパイスとヨーグルトに漬け込み、バターや生クリームとトマトを使ったソースで煮込むインドカレーの定番。辛さもマイルドで、小さなお子様でも美味しくいただけるので、近年日本でも人気上昇中のカレーです。

 

「トマト」の代わりに「すもも」

以前「【奥深いすももの世界】「大石早生」から「ケルシー」まで、代表品種をご紹介!」の記事で、いろいろな「すもも」をご紹介しましたが、今回ご紹介するカレーでは「ソルダム」という品種を使いました。

 

「ソルダム」は追熟すると果肉が真っ赤になる品種で、かつ他品種と比べると酸味が強いという特徴もあり、トマトの代わりに使えるのでは?と思ったのが今回のカレー誕生のきっかけです。

 

 

↑購入直後のソルダム(追熟前)

 

 

↑完熟のソルダム(追熟後)

 

すもものバターチキンカレーレシピ

材料(4人分)

 

・鶏むね肉 1枚

・(A)カレー粉大さじ1

・(A)プレーンヨーグルト大さじ4

・トマト 1個

・すもも(ソルダム) 2個

・バター 30グラム

・おろしニンニク 小さじ1

・おろしショウガ 小さじ1

・カレー粉 大さじ1

・生クリーム 100ミリリットル

・塩 小さじ1/2

・生クリーム 少々(仕上げ用)

・パセリ 少々(仕上げ用)

 

作り方

1.鶏むね肉をひとくち大に切り、(A)と一緒に保存袋に入れて揉み、冷蔵庫に入れて1時間以上漬け込む。

 

 

2.すももの皮をむき、トマトと共に1センチ角の大きさに切る。

 

 

3.鍋にバター・おろしニンニク・おろしショウガを入れて火をつけ、香りが出てきたらカレー粉を加えて焦がさないように炒める。

 

4.2を加えて、かき混ぜながら煮て酸味を飛ばす。

 

5.1を漬け汁ごと加えて蓋をし、鶏肉に火が通るまで煮る。

 

6.生クリームと塩を加え、ひと煮立ちさせる。

 

7.器に盛り、仕上げ用の生クリームをかけ、パセリを添える。

 

 

ポイント

4の工程で蓋を開けたまま煮込み、しっかり酸味を飛ばすのがポイントです。

 

最後に砂糖を加えて味を調えるレシピもありますが、フルーツの優しい甘味を活かすため、今回は使用しないで仕上げました。

 

トマトと「すもも」を1対2の割合で使っていますが、全て「すもも」にしても良いですよ。

他の品種でも作れますので、お好みに合わせてアレンジしてみてくださいね。

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする