フードカッターでくるくるまわすだけで作れるベジ麺

 

まずはフードカッターをご紹介しましょう。わたしが持っているのはこんな感じのもの。

 

上部にズッキーニをセットして、ハンドルを回すと下から麺状になったズッキーニが出てくる仕組みです。

 

さまざまなタイプがありますが、「ベジヌードル」や「スパイラルカッター」という名前で売られていることが多いので、調べてみてくださいね。

 

すっかり忘れてしまいこんでしまう時期もあるのですが、体重増加が気になる時や、野菜が足りていないな、という時、また、重たくない夜食をつくりたいな、という時にふと思い出す便利なアイテムです。

 

1本20キロカロリー! 栄養豊富な優秀ズッキーニ

 

旬のズッキーニは特に皮が柔らかく、香りや味のクセもないので生食にも向いています

 

また、ビタミンやミネラルも豊富で、1本20キロカロリーと超低カロリー

 

こんなに細く麺状になるので、ラーメンのスープに入れたり麺つゆで食べたり、ジャージャー麺のようにピリカラの肉味噌をのせたり……。

 

ゴマだれで冷やし中華風、コーンスープに入れてスープパスタ風にするなど、食欲が落ちる夏にぴったりなアレンジが楽しめます。

 

おいしいオリーブオイルとお塩でシンプルなパスタ風に

 

今回は、火を使わずにローフードで、冷製パスタ風にしていただきます。

 

ズッキーニを麺状にスライスしたら、オリーブオイルを和えてから、岩塩や黒こしょうを振って盛りつけます。仕上げにミントや、さいの目に切ったトマトをのせましょう。

 

 

サラダと同じで、先に塩を振ってしまうとズッキーニの水分が出てしまい、せっかくのシャキシャキした食感がしんなりしてしまいます。

 

オイルを先に和えてコーティングしてから味つけしましょう。

 

少しボリュームアップして、シーチキンやカリカリに焼いて細かく刻んだベーコンなどを入れたり、粉チーズをたっぷり振ったりしてもおいしいですよ。

 

ズッキーニ以外にも楽しめるベジヌードル

 

ベジヌードルは、いろいろな野菜で楽しむことができます。

 

黄色いズッキーニは、緑色のものよりも皮が柔らかくて更にクセのない味

 

にんじんは、ズッキーニよりも歯ごたえがあるので、温かいスープに入れても食感が損なわれません。

 

ラーメンスープに入れたり、シチューや鶏がらスープなどに入れたら、お腹も満たされる夜食になりますよ。

 

他にも、大根やビーツで作ったり、ごぼうやジャガイモはヌードル状にカットしてから揚げたり茹でたりすると、また違ったお料理が楽しめます。

 

ぜひつくってみてくださいね。

 

関連する記事

暮らしの記事ランキング

人気の暮らしの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする