スムージーボウルとは?

 

 

スムージーとは、凍らせた果物野菜ミキサージュースにした飲料のこと牛乳やヨーグルト、アイスクリーム、氷を入れるなど組み合わせは自由自在です。

 

某コンビニのグリーンスムージーが美味しいと話題になった時に、女性を中心に認知が広がりました。

 

そんなスムージーに、好きなフルーツを乗せて「食べるスムージー」として楽しめるのが「スムージーボウル」です。

 

Açaí Bowl(アサイーボウル)でその存在を知った方も多いのではないでしょうか?

 

朝食として海外で人気があり、日本でも少しずつ取り入れ始められています。

 

スピルリナやアサイーの粉末を入れるだけで簡単に色が変わったり、フルーツそのもののカラーが出るので、天然の色なのにブルーやピンクなどカラフルで可愛いスムージーボウルができます。

  

スムージーボウルのベース

 

ベースはフルーツとミルクです、水分の多いフルーツを使う時はミルクなしでもスムージーにすることができます。

 

冷凍のフルーツを使うことでよりスムージー感が出ます。

 

■フルーツ

フルーツを使ったスムージーはお好きなフルーツ自由に掛け合わせて作れます。

 

野菜を使ったスムージーだと苦味やえぐみなどが感じられることもありますが、フルーツは甘みが多く色々な組み合わせに挑戦しやすいので、お好きな組み合わせを探してみてください。

 

■ミルク

牛乳や豆乳以外にもアーモンドミルクなどお好きなベースで作れます。

 

海外ではココナッツウォーターを使ったり、オーツミルクなども使いスムージー作りを楽しんでいるので手に入ったらぜひ使ってみてください。

 

手に入りやすいフルーツですぐに作れる3つのスムージーレシピ

 

初めてスムージーボウルを作る時は、手に入りやすいフルーツを使うのがおすすめです。

 

手軽に扱えるフルーツの方が作りやすく、アレンジもしやすいので、朝食として毎日取り入れたい方にとっては、スムージーボウル作りを習慣化しやすくなります。

 

季節のフルーツも上手に取り入れることができ、新しい味にもチャレンジしやすいので、マンネリ化もしにくいです。

 

材料が増えると味の調和をさせたり、テクスチャーもスムージーよりジュースに近くなるので少ない材料から初めてみましょう!

 

鮮やかな紫色!さっぱり食べられるブルーベリースムージーボウル

 

冷凍のブルーベリーはコンビニやスーパーどこでも手に入るので、朝食にスムージーボウルを作るなら継続して作りやすいフルーツです。

  

【材料】

 

 

ブルーベリー   100g

アーモンドミルク 150ml

バナナ      1本

 

トッピング用

ブルーベリー   適量

ラフランス    適量

グラノーラ    適量

 

【作り方】

 

 

1.バナナは一口大に切ります

 

 

2.ミキサーにブルーベリー、バナナ、アーモンドミルクを入れます

 

3.1分30秒ほどミキサーにかけて滑らかにしてください

 

4.お好きなトッピングをスムージーに乗せて完成です

 

気になるお味は?

ブルーベリーのスムージーは販売されているものを飲まれる方もいると思いますが、手作りスムージーの方がフレッシュ感があり、甘酸っぱさも調整しやすいのでおすすめです。

 

アーモンドミルクでコクがましているので、食べたあとの満足度も高いです。

  

マンゴーとアボカドで!グリーンスムージーボウル

 

アボカドをいれると緑色になり、まったりとした仕上がりになります。

 

フレッシュなアボカドを使うと、アボカドの匂い気になりにくくなります。

 

それでも香りが気になる方は、南国のフルーツ(マンゴー・パパイヤ・パイナップル)を使うと調和してトロピカルな味と香りになるので、そちらで試してみて下さいね。

 

【材料】

 

 

マンゴー  100g

アボカド  1個

無調整豆乳 150ml

 

トッピング

キウイ   適量

グラノーラ 適量

 

【作り方】

 

 

1.アボカドを1個分をダイス切りしておきます

 

2.ミキサーにマンゴーと切ったアボカドと豆乳を全量入れます

 

 

3.ミキサーをかけている途中にかき混ぜてください

 

4.全体がなめらかでもったりしたらミキサーを止めます

 

5.お好きなトッピングをスムージーに乗せて完成です

 

気になるお味は?

香りは豆乳とアボカドが強いですが、味はマンゴーのトロピカルでフルーティーな味なので食べやすく甘みを足していないのにマンゴーのしっかりした甘みもあって食べやすいです。

 

アボカドが入ってることでスムージーがよりクリーミーになり、口当たりはクリームのよう柔らかく軽い食感になります。

 

トッピングにグラノーラやキウイを乗せることで、食感や酸味で味を変えることができるので、飽きなく楽しめます

 

 りんごのまろやかな甘さが楽しめるスムージーボウル

 

種類がたくさん出ているりんごは味や香りも変化して飽きがこない食材ですし、比較的安価で手に入るので日常でスムージーボウルを取り入れるときに使いやすいフルーツです。

 

りんごの果汁が多いので、バナナを多めに入れるかりんごを少なめにするとなめらかになります。

 

りんごの量が多いとジュースっぽくなってしまうので、気をつけてください。

 

【材料】

 

 

バナナ     1本

りんご     3/4個

オーツミルク  150ml

 

トッピング

りんご     適量

キウイ     適量

グラノーラ   適量

 

【作り方】

1.バナナを一口大に切っておきます

 

 

2.りんごは小さめに切るとミキサーにかけやすいので、一口大より小さめに切ってください

 

 

3.ミキサーにりんご、バナナ、オーツミルクを全量入れて2分ほど混ぜます

 

4.とろっとした仕上がりになるまでミキサーにかけたら止めてください

 

5.お好きなトッピングをスムージーに乗せて完成です

 

気になるお味は?

リンゴジュースに近く、するすると食べれるので食欲のない朝にもぴったりです。

 

バナナの引き立つ甘さりんごの酸味とあっていて甘すぎないので、甘みが強いのが苦手な人にもおすすめのスムージーになります。

 

オーツミルクの栄養価も高いので、食生活のバランスが乱れが気になる方にも食べて頂きたいです。

 

スムージーボウルは作った当日に食べるのがオススメ

 

スムージーボウルは作った直後に食べないと色が悪くなったり味が落ちたりします。

 

実際に作った物を冷蔵保存して翌日の朝食べましたが、水っぽくなってしまいあまり美味しさが感じられませんでした

 

スムージーボウルは当日に食べる分だけ作ることをおすすめします。

 

忙しくてフルーツを切る時間がない朝のために、あらかじめフルーツを一口大に切っておいて、ミキサーにかけやすいように小分けにしておくに入れておくと、使い勝手がいいですよ。

 

牛乳や豆乳など常備しているミルクと、1回分の冷凍フルーツをミキサーにいれるだけで良いので効率もアップします。

 

まとめ

スムージーボウルに季節のフルーツを使うことで、美味しく旬を取り入れることができます。

 

材料は2つからでいいため負担が軽く、調理も2分ほどで終わるのでとてもお手軽。朝食にぴったりです。ぜひ試してみてくださいね。

 

スムージーボウルにおすすめ!新鮮フルーツ

スムージーボウルで使うフルーツ、せっかくなら農家さんから直送のフレッシュなもので楽しみませんか?

 

食べチョクには、今が旬の採れたてフルーツがたくさん出品されています。ぜひのぞいてみてください。

 

 

【幻のバナナ】グロスミッチェル種!

 

食べたときに余韻の残るような重厚な甘さ、

口当たりの良いもっちりとした食感…😍

いつもとは違うバナナの味を演出してくれます。

スムージーにもおすすめ!

 

【幻のバナナ】を見る

 

 

『蜜入り完熟サンふじ』

りんご王国、青森からサンふじが届きました!

 

甘さ、酸味、食感と全てそろったりんごの王様

はいかがですか?

 

りんごの王様サンふじを見る

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする