タイ料理・シンプルクッキング研究家、サクライチエリです。

 

クリスマス時期にスーパーの果物コーナーの最前線を赤で埋め尽くすところから始まり、レストラン、ホテルやデパ地下で展開される「イチゴフェア」など、毎年春まで、イチゴの赤で街が華やかに彩られます。

 

しかし、スーパーでイチゴを買う時の基準はというと、その時にお買い得品だからとか、大きさが揃っているか否かくらいで、たまたま手に取ったのがこの品種だった、という事が多いというのが本音です、私の場合。

 

しかし、折角色々な種類のイチゴが出回っているのですから、好みの品種を選んでみたいですよね。

 

という事で、子どもと一緒にイチゴの食べ比べをしてみる事にしました。

 

実はイチゴ界では「戦国時代」が続いている

 

早速スーパーのイチゴコーナーに出向いてみると、ある事に気付きました。

 

「今までに聞いた事のない名前のイチゴが何種類もある!」

 

さらに、八百屋さんの店先をチェックすると、更に始めて見る名前のイチゴが並んでいます。

 

やや狼狽えて、八百屋の紳士に、私が知っている品種の1つを挙げて、「この品種は無いのでしょうか?」と聞いたところ、衝撃の事実が告げられました。

 

イチゴの1つの品種の寿命は、約20年

 

例えば、収穫量日本一のイチゴ王国 栃木県においては、かつては「東の横綱」と言われた“女峰”が幅を利かせていました。

 

しかし、天下を“とちおとめ”に譲り、さらに大きく甘い“スカイベリー”を後釜に据え、栃木県知事がトップセールスを展開し、王国の地位を固めています。

 

 

それに対して「西の横綱」だった“とよのか”を生産していた福岡県は、2005年に商標登録された“あまおう”が大ブレイク。

 

しかし、人気に甘んじて、後続品種が育たないうちに、「打倒、あまおう!」で開発され、同じ戦略で売り出された“スカイベリー”に地位が脅かされつつあります。

 

それだけでなく、佐賀県の“いちごさん”、長崎県の“ゆめのか”、熊本県の“ひのしずく”、“ゆうべに”が虎視眈々と九州制圧を狙っていて、まさに「イチゴ戦国時代」の様相です。

 

スーパーのイチゴを食べ比べてみたー姿かたち編

イチゴ界の静かで熱い戦いを知ってしまった以上、食べ比べに際しての選抜方法には、細心の注意を払わざるを得なくなりました。

 

私が決めたルールは、以下の事です。

 

1.横浜市某所の、駅前のスーパー、および駅ビルの八百屋さんの店頭にあるもの。

2.大きさは、なるべく同じ大きさのものを選ぶこと。

3.1県、1品種。なるべく広範囲の産地を選ぶこと。

4.馴染みのある品種と初めて知った品種を取り交ぜること。

 

そうして選抜された品種は、以下の通りです。

 

 

熊本県代表―ひのしずく☆

静岡県代表―紅ほっぺ

長崎県代表―恋みのり☆

栃木県代表―とちおとめ

福岡県代表―あまおう

 

☆マークは、私が初めて知った品種です。東日本の人なので、九州の品種に疎いようです。

 

試食の前に、断面チェックをしてみました。

 

 

まるっこい形のものはかわいらしいけれど、ふくよかに大きく育てる為には、中に空洞ができやすいようです。

 

断面を重視するなら、安定の“とちおとめ”か、名前の通りの“紅ほっぺ”でしょうか。

 

そして、中が白く大粒なのに空洞がない“恋みのり”が、ニューフェイスの意外性を見せてくれました。

 

スーパーのイチゴを食べ比べてみたー味、香り編

それでは、いざ、実食です。

 

 

小学生女子と、料理教室の生徒さんの中学生女子が、真剣にチェックシートに色々書いてくれました。

 

以下が、大人1名、子ども2名の試食結果です。

 

 


個人的に一番好きなものを挙げてもらったところ、以下の結果になりました。

 

 

それぞれの基準を持ってのジャッジが面白かったです。

 

そして、面白かったのは、小学生、中学生ともに「いちごのショートケーキに使いたいか、生食したいか」を、チェックシートの項目の1つにしていた事です。

 

ケーキむけについては、全員一致で“とちおとめ”でした。

 

まとめ

今回は、主にスーパーで買える種類のイチゴで食べ比べをしてみましたが、日本には、品種登録をしているイチゴは約300種類あるそうです。

 

私自身は、自宅のプランターでイチゴ栽培しているので、販売されているクオリティのイチゴを育てる技術は、もの凄いものだと実感しています。

 

イチゴの旬はハウスものから露地ものまで、12月から5月くらいまでと、長い間楽しめます。

 

その長い食べ頃に手軽に手に入る種類から、日本各地の「ご当地ニューフェイス」まで、様々な種類のイチゴを楽しんで、好みの品種を見つけてみて下さいね。

 

あまいイチゴは農家さんから直接お取り寄せ!

 

今の季節おいしいイチゴ、せっかくなら採れたてで甘いものを味わいませんか?食べチョクでは様々な品種の獲れたてイチゴが出品されています。ぜひご覧ください!

 

今が旬のイチゴを見る

 

参照

・モンテール
https://gakuen.monteur.co.jp/library/knowledge/entry/003150.html

・農林水産省HP

https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1912/spe1_01.html

 

関連する記事

食の教科書の記事ランキング

人気の食の教科書の記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする