お母さんに感謝の気持ちを伝える母の日は、毎年5月の第2日曜日。2021年は5月9日です。そして、母の日を象徴する花といえば、カーネーション

 

フリルのように波打つ花びらは、繊細でゴージャス。主役として、カーネーションがメインの花束は可憐ですが、脇役としてブーケなどにもよく使用され、日本人には馴染み深い花のひとつではないでしょうか。

 

「カーネーション」といえば、赤やピンクをイメージする方が多いと思います。しかし、近年は品種改良が進み、様々な色のカーネーションを見かけるようになりました。

 

今回は、カラーバリエーションが多いカーネションの色別に花言葉をまとめました。お母さんの好みや伝えたいメッセージによって、贈るカーネーションの色を工夫してみてはいかがでしょう?

 

花を贈る時は、花言葉に気をつけよう

 

花に思いを託して伝える「花言葉」はトルコからヨーロッパ中に伝わったといわれています。大切な人に贈る花に、メッセージを込める習慣はとても素敵ですよね。

 

ロマンティックなイメージがありますが、気をつけたいのは、花言葉は必ずしも前向きなものばかりではないということ。花種や色、また贈る本数によっては、ネガティブな意味を持ったりメッセージが大きく変わることもあるのです。

 

最近では、インターネットで簡単に花言葉を調べられるので、確認してから贈ることをおすすめします。それでは早速、母の日に使えるカーネーションの色別の意味をご紹介していきます!

 

母の日の定番  レッド

 

母の日と聞いて、まずイメージするのは赤いカーネーションです。花言葉は「母への愛」や「真実の愛」など、まっすぐにお母さんへの感謝を伝えられる言葉です。

 

何色をプレゼントするか迷ったら、赤を選んでおけば間違いなし! 1本でも愛らしく、花束にしてもゴージャスな雰囲気のでる母の日の定番カラーです。

 

高級感ある真紅

 

定番の赤よりも濃く、深い赤の花びらをもつ真紅のカーネーションも存在します。

 

でも、花言葉は「私の心に哀しみを」。同じ赤系でも、赤とは異なる意味を持つので注意しましょう。特に、花言葉を気にするタイプの方へ贈るのは、避けた方が無難です。

 

ただ、真紅のカーネーションはシックで神秘的。赤よりもフォーマルさを演出できるため、花言葉を気にせず贈れる間柄なら喜ばれる高級感です。

 

やさしい雰囲気のピンク

 

かわいらしく可憐なピンクのカーネーションは、やさしいお母さんを連想させるカラーです。しかも、「感謝」「気品」「温かい心」と母の日の贈り物としてもぴったりの花言葉を持っています。

 

ありがとうを言葉にするのが恥ずかしい方は、「花言葉を調べてね」というメッセージと共にピンクのカーネーションを贈ってみてはいかがでしょう。

 

ピンクのカーネーションは、赤と同じく手に入りやすいので、伝えたいメッセージによって使い分けたり、赤とミックスした花束にするのもおすすめです。

 

上品で凛としたホワイト

 

白いカーネーションは、亡くなった母親を偲んで贈る花だと知っていますか?花言葉は「私の愛情は生きている」で、亡くなったお母さんを思いながら、飾るのにぴったりです。

 

他に「尊敬」などの意味も持ち、見た目にも凛とした上品さがあるので、花言葉を知らないと選びそうになってしまいます。でも、一般的には亡きお母さんへお供えするカラーということをお忘れなく。ご存命のお母さんに贈るなら、違う色を選びましょう。

 

キュートで華やかなイエロー

 

「好きな色は黄色」というお母さんも多いと思います。だからといって、イエローのカーネションを贈るのはおすすめしません

 

黄色は、真紅・白に続いて花言葉としては注意が必要なカラーで、「軽蔑」や「嫉妬」という意味を持ちます。

 

母の日以外のフラワーアレンジメントに使われることも多い黄色いカーネーションですが、花言葉を気にするタイプの方へ贈る際は要注意。花屋さんに使うのを避けてほしいと、予め伝えておくのがいいでしょう。

 

元気いっぱいのオレンジ

 

はつらつとした印象を持つオレンジのカーネーションの花言葉は「純粋な愛」。大好きなお母さんへ、元気いっぱいの感謝と愛を込めたい時にはおすすめのカラーです。

 

ただ、どちらかというとこの「純粋な愛」は恋人向けの愛情を表しています。お母さんとの関係性や、伝えたいメッセージのニュアンスに気をつけながら贈ってくださいね。

 

気品あふれるパープル

 

上品さあふれる紫のカーネーションの花言葉は「誇り」や「気品」。紫は昔から高貴な色とされるので、母の日では義理のお母さんへの贈るカラーとして選ばれることが多いようです。

 

花言葉にかけて、尊敬と感謝の思いを伝えられるのが紫のカーネーションの特徴。エレガントな雰囲気のお母さんに贈るのがおすすめです。

 

クールでおしゃれなブルー

 

青いカーネーションの花言葉は「永遠の幸福」です。世界で唯一の青いカーネーションとして「ムーンダスト」という品種が近年人気を集めており、珍しい花種が好きなお母さんにもおすすめ。

 

ブルーはクールなカラーですが、心温まる意味を持つので、末永い家族の幸せを願いながら贈るのも喜ばれますよ。

 

ただ、品種改良して生まれた「ムーンダスト」の他に、白いカーネーションを着色して作られたものもあるので、選ぶ際はご確認ください。

 

まとめ

 

色によって、それぞれに個性ある花言葉を持つカーネーション。その意味を知ると、花への印象や贈る心構えが変わるものです。

 

中には、母の日にふさわしくない花言葉を持つものや、一般的に亡くなった人を偲んで飾る花もあるので、意味を知っていると安心して贈ることができます。

 

また、相手の性格や関係性でも、花を選ぶポイントが変わります。花言葉を知るのは、贈り物上手への第一歩とも言えるかもしれません。

 

花言葉も考えながら、花選びをしたその気持ちは、贈る相手に届くものです。今年の母の日は、花言葉を味方につけて、お母さんにとびきりの感謝を伝えてみてはいかがでしょう。

 

母の日には摘みたて直送の美しい花束を♪

 

年に1度だけの大切なこの日は、摘みたて直送の美しく長持ちする特別な花束を贈りませんか?

 

食べチョクにはカーネーションはもちろん、他にも豪華なお花がたくさん出品されています。ワンランク上の花ギフトにぜひご覧ください。

 

摘みたて直送の花束を見る

 

<参照元>

hibiyakadan.com

https://www.hibiyakadan.com/lifestyle/m_0009/

インターネット花キューピット

https://www.i879.com/mother/column/05/

 

関連する記事

暮らしの記事ランキング

人気の暮らしの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする