10月下旬からはじまる野沢菜の旬

野沢菜は寒くなってくる頃、長野県で収穫がはじまります。

 

でも、生の野沢菜そのものはなかなか長野県近郊以外のスーパーでは見かけられないかもしれません。手に入れやすいのは、やはりお漬物になった“野沢菜漬け”

 

あっさりとした味ながらも、塩だけで漬けたとは思えないくらい風味があり、独特の歯触りと葉の旨みがクセになりますよね。

 

野沢菜漬けはおにぎりに巻いたり、刻んでチャーハンに入れたり、ごはんとの相性はもちろんいいのですが、信州名物のおやきに代表されるように、パンとの相性もとてもいいんですよ。

 

野沢菜入りのピタパンサンドを作ってみよう

それでは、野沢菜漬けを使ったピタパンサンドの作り方をご紹介しましょう。

 

 強力粉に水と塩、砂糖、ドライイーストを入れて捏ねる

 

ピタパンはシンプルな材料フライパンがあれば、あっという間に作ることができるお手軽パン。発酵時間も30分ほどでできるレシピばかりなので、食べたいなと思った時すぐに作れます

 

分量や発酵時間はレシピによりますが、強力粉200gに対して水を100ml程度、塩と砂糖を3gずつ、ドライイーストは4gくらい入れて捏ねるとよいでしょう。意外と適当でも大丈夫なのもピタパンのよいところ。まとまったら30分ほど寝かせてから次に進みます。

 

 ひとつひとつの大きさにカットする

 

ピタパン自体をあまり大きく焼いてしまうと、中に詰める材料も多くなってしまうので、手のひらくらいのサイズに広げられるように分割します。

 

薄く伸ばしたらフライパンで焼く

 

両面をひっくり返しながら焼き、ぷくっと膨れて空洞ができるまで加熱します。

 

 

こんなふうに膨れてきて、全体が丸く風船のように膨らんだら取り出します。

 

荒熱を取り、半分に切ったらフィリングを詰める

 

ポケットのように空いたところに、フィリングをぎゅぎゅっと詰め、卵を入れます。

 

◆フィリングづくり

1.野沢菜漬けとしめじを同量用意し、粗く刻む。

 

2.ごま油をひいたフライパンに1を入れて、火がとおるまで炒める。

 

3.醤油を数滴香りづけにたらし、荒熱をとる

 

 

こちらができあがり。

 

野沢菜の塩気ごま油の香りが、歯切れがよくパリッとしたピタパンによく合います

 

ほかにも、野沢菜漬けを刻んで食パンにのせ、とろけるチーズをかけてトーストした“野沢菜チーズトースト”や、野沢菜とツナをマヨネーズであえたものをおにぎらずにする“マヨ野沢菜にぎり”もおすすめですよ。

 

関連する記事

暮らしの記事ランキング

人気の暮らしの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする