アボカドは、10月~5月頃になると、安定した味を楽しめ、6月~8月は 油のりがとてもよく、特にねっとりとした味わいを楽しめます。

 

森のバター” または “ 食べるバター” ともいわれているほど油分が豊富なアボカド。

 

脂肪分は、ほとんどが 善玉脂質と呼ばれる不飽和脂肪酸です。

 

なかでも、 オリーブオイルの主成分としても知られる、オレイン酸が多く含まれています。

 

また老化防止に役立つ 抗酸化作用もあります! そのほか、新陳代謝を高めるビタミンB6やビタミンEなどの ビタミン群も豊富です!

 

このようにアボカドは、女性に嬉しい効果をもたらしてくれるスーパーフルーツ。

 

継続的に摂り入れれば、キレイをサポートしてくれそうですね。アボカドを食べて 美肌を目指しましょう♡

 

マグロアボカド丼

 

調理時間:30分

 

材料 2人分

 

・温かいご飯 :丼2杯分
・マグロ :1柵
・アボカド :1/2個
・サーモン(刺身用) :適量  ※お好みで
(合わせだれ)
・酒 :大さじ1
・ゴマ油 :小さじ1
・しょうゆ :大さじ2
・コチジャン :小さじ1~
・きび砂糖 :小さじ1
・ニンニクすりおろし :1/2かけ
(仕上げ用)
・大葉 :4枚
・カイワレ :適量
・ウズラの卵 :2個
・白いりゴマ :適量

 

調理方法

① 野菜を切ります。大葉は千切りにし、アボカドは皮を除きひと口大程度のサイコロ状に切り分けます。

 

ニンニクは皮と芯を除きすりおろします。

 

 

② 合わせだれを作ります。ボウルに合わせだれの材料(酒、ゴマ油、しょう油、コチジャン、きび砂糖、ニンニクすりおろし)を全て入れよく混ぜ合わせます。

 

③ マグロをサイコロ状に切り分けます。サーモンもひと口大程度の大きさに切り分けます。

 

マグロは②の合わせだれのボウルに入れ、ラップして冷蔵庫で10分程度漬けます。

 

 

 

④ 器に温かいご飯を盛ります。その上に千切りにした大葉を散らします。

 

漬けたマグロ、サーモン、アボカドをバランスよく盛り付け、合わせだれを回しかけます。

 

⑤ 中央にうずらの卵を添えます。

 

 

⑥ 仕上げにカイワレ大根を添え、白いりゴマを散らします。

 

ワンポイントアドバイス

今回はコチジャンを合わせだれに使用しましたが、 わさびやすりおろしたショウガでも美味しく仕上がりますよ♪

 

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする