ゴボウと鶏の炊き込みご飯

ゴボウは、食物繊維が非常に豊富なので、腸内環境を整えてくれる優秀なお野菜です! ほかにもカリウムやカルシウム・マグネシウムなどのミネラルも豊富で、ポリフェノールの抗酸化作用により血液をサラサラにし、うれしい若返り効果まで期待が出来ます。そこで今日ご紹介するのは、ゴボウの炊き込みご飯。旬の根菜の旨みがたっぷり詰まった和食の定番です。

 

調理時間:40分

 

[材料 3~4人分]

 

・米         :2合

・ゴボウ          :1/2本

・鶏モモ肉       :100g

・酒                :大さじ1/2

・塩                :ひとつまみ

・ショウガ         :1かけ

・人参         :1/4本

・生シイタケ     :2枚

・こんにゃく       :50g

・油揚げ          :1/2枚

 

(炊き込み調味料)

・だし汁     :360ml

・うす口しょうゆ  :小さじ2

・みりん           :大さじ1

・酒                :大さじ1

・塩                :小さじ1/2

 

・オリーブ油      :大さじ1/2

 

(仕上げ用)

・青ネギ          :適量

・コショウ          :適量  ※お好みで

 

[調理方法]

 

1. 鶏肉は1㎝角程度の大きさに切り分け、酒大さじ1/2と塩ひとつまみをまぶし軽く手でもみこみます。

  

2. ゴボウは土をたわし等で落として洗い、ささがきにします。

  

3. ショウガは千切りにし、人参は太めの千切りにします。生シイタケは石づきを除き薄切りにし、石づきの部分は固いところを除き手で割きます。青ネギは小口切りにします。
 
 

4. 油揚げは熱湯をさっと回しかけ、千切りまたは5㎜角程度の大きさに切リます。こんにゃくは棒状に切ります。
 

5. 米を洗い水気を切りお鍋へ入れます。だし汁を加え、その他の調味料(酒、みりん、しょうゆ)も加え、よく混ぜ合わせます。
 

6. 米の上に鶏肉を乗せ、2.~4.の具材も乗せます。
 

7. 全ての具材を乗せ終えたら、オリーブ油を回しかけます。

  

8. 具材をすべて投入してところでふたをして強火にかけます。沸騰したら弱火にして12分加熱し、最後に30秒ほど強火にかけます。
 

9. 炊きあがったら10~15分蒸らし、鍋のふたを開け、しゃもじ等で優しく混ぜます。混ぜる際にお好みでコショウを散らします。

 

10. 器に盛り付け青ネギを散らして出来上がりです。

 

 

[ワンポイントアドバイス]

今回は鍋炊きで仕上げましたが同じ分量で炊飯器でも美味しく炊けますよ。オリーブ油の代わりにバターを加えるのもおすすめです!

 

完全無農薬の山ゴボウは食べチョクから購入できます!

 

 

 

料理家SHINO

            

料理家。大学卒業後、航空会社勤務を経て、本格的に食の世界へ。自宅にて料理教室「ごぼう茶.com」を主宰。フードコーディネーターとして、大手企業のメニュー開発やフードスタイリング、レシピ提供など食に関するあらゆる分野にて活動中。

http://goboucha.com/

関連する記事

レシピの記事ランキング

人気のレシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする