見るからに栄養素がたっぷりという印象のピーマンですが、まさに優れもの!

 

まず代表とされる栄養素がビタミンCです。 レモンが代表格ですが、ピーマンに含まれるビタミンCの量はレモンと同等かそれ以上で、ピーマン1個あたり約80ミリグラムのビタミンCが含まれています。

 

これは野菜の中ではトップクラス!ビタミンCは、美容に大変良い役割を果たしてくれます。コラーゲンの生成に関与し、お肌の潤いをキープしてくれるほか、メラニン色素を分解してくれる働きがあるので、夏の日焼け対策には欠かせません。

 

またビタミンCは熱に弱い性質がありますが、ピーマンのビタミンCは熱に強く、抗酸化ビタミンのカロテンやビタミンEも油と一緒に摂ると吸収が高まりますので炒め物がオススメです!

 

優秀過ぎるほどのお野菜、ピーマン! 食べるだけで美人になれちゃうかも♪ 優れた美容効果がたっぷりなので、女性にはぜひたくさん摂取していただきたいお野菜です

 

ピーマンの肉詰め

 

材料(2人分)

 

・鶏ひき肉 :300g
・味噌 :大さじ1/2
・卵 :1個
・酒 :大さじ1/2
・豆板醤 :小さじ1/2程度(お好みで)
・片栗粉 :大さじ1
・黒コショウ :適量
・ショウガ :1かけ
・長ネギ :1/2本
・レンコン :5㎝程度

・ピーマン :4~5個
・片栗粉 :適量
・オリーブ油 :適量

 

(たれ)
・きび砂糖 :大さじ1と1/2
・酒 :大さじ3
・しょう油 :大さじ3
・みりん :大さじ1

 

調理方法(調理時間:30分)

1.ピーマンを切ります。ピーマンを半分に切り、ヘタは残したまま、種だけ丁寧に取り除きます。

 

2.長ネギとレンコンはみじん切りにし、ショウガはすりおろします。

 

 

3.ボウルに鶏ひき肉を入れ粘りが出るまで手でよくもみます。粘りが出てきたところで味噌、卵、酒、ショウガのしぼり汁を加え混ぜます。

 

 

4.片栗粉も加えさらに混ぜ、長ネギとレンコン、コショウを加え、ざっと混ぜます。

 

 

5.ピーマンに肉だねを詰めます。ピーマンの内側に茶こし等で片栗粉を振り、肉だねを詰めます。肉だねの表面がこんもりとなるように詰めます。

 

 

6.プライパンに油しき中火で熱し、ピーマンの肉詰めの肉だねの部分が下になるように並べます。中火で2~3分、表面にこんがりと焼き色がつくまで焼きます。

 

7.こんがりと焼き色がついたら裏返して、ふたをして5分程度蒸し焼きにし、中まで火を通します。

 

 

8.中まで火が通ったらバット等に取り出し、たれを作ります。フライパンの余分な油をペーパー等で除き、たれの調味料を全て入れ火にかけます。ぐつぐつと煮立たせ少しとろみがつくまで煮詰めます。

 

9.肉詰めをフライパンに戻し入れ、たれを絡め、器に盛り付けます。

 

ワンポイントアドバイス

 

ピーマンの代わりに、薄切りにしたレンコンに肉だねを挟んだり、生しいたけに肉だねを詰めたりと、いろいろなアレンジができます♪

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする