インスタグラムで話題!みぞれ鍋の変化球、大根おろしアート鍋

@ y.u.c.a.f.eさんのInstagram

 

大根おろしをたっぷりと入れ、お肉や野菜をさっぱりといただける「みぞれ鍋」

 

その変化球として、大根おろしを鍋つゆと混ぜず、ぎゅっとしぼってくま、猫、犬などの動物の形を作って乗せた「大根おろしアート鍋」を楽しむ人が増えています。

 

その人気は、なんと!

 

インスタグラムで「#大根おろしアート」と検索すると、2万件近い画像がヒットするくらい。おなかに入れば同じ「みぞれ鍋」でも、その見た目の可愛さは桁違いです。

 

今回は、はじめて大根おろしアート鍋に挑戦する人から、経験者さんが応用できるテクニックまで、大根おろしアート鍋の様々な楽しみ方を集めました。

 

食べる人が笑顔になり、つい写真におさめたくなるフォトジェニックな「大根おろしアート鍋」でお鍋のバリエーションを増やしてみませんか。

 

【基本をマスター】大根おろしアート鍋の作り方

 

 

まずは、土台となるお鍋を作ります。大根おろしアートを上に置くので、お鍋に野菜をぎっしり敷き詰めるのがポイントです。

 

ここでは、大根おろしで白くまを作ります。

 

 

大根おろしをすったら、ざるでしっかりと水気を切りくまの形を作っていきます。ペーパータオルで水気を取りながらつくると、細部も作りこみやすくなりますよ。

 

 

一気に成形しようとせず、少しづつ大根おろしを重ねていくと失敗を防げます。焦らず、大根おろしを積み上げ、イメージに近づけていってください。

 

 

白くまの形が完成しました! のりをカットして、目や鼻をつけてお顔をつけていきましょう。

 

 

白くまがお鍋のお風呂につかっているような、かわいらしいたたずまいの大根おろしアート鍋ができあがりました。

 

分量のスープをそっと注いで、火にかけたら召し上がれ。

 

気軽に大根おろしアート鍋を楽しもう!

ご紹介した「白くま」のような立体的な大根おろしアートは、かわいいけれど不器用さんにはハードルが高いかもしれません。

 

そこで、立体的な成形が必要ない初級編と、立体的な大根おろしアートをさらに極めるアレンジの上級編の2つに分け、大根おろしアートの楽しみ方をご紹介します。

 

初級編は、お子さんと一緒にお料理する時にもおすすめです。ぜひ、自分のペースでできるところから大根おろしアート鍋にチャレンジしてみてください。

 

【初級編】不器用さんOK、簡単大根おろしアート鍋

@hikariko.04さんのInstagram

 


まずは、立体的な造形が必要ない「初級編」

 

かわいく仕上がって、テクニックの必要ない大根おろしアート鍋のアイディアをお届けします。

 

白くまの顔を大根おろしで作ったのは、@hikariko.04さん。

 

くまの顔・耳の部分は大根おろしをドーム型に盛り付けるだけなので、細かい作業が苦手でも簡単



鼻や耳は、大根の薄切りを乗せているので、大根をおろす前に必要なパーツをカットしておくのをお忘れなく。

 

1つの大根からパーツを作れるので、追加で材料を購入しなくてよいのはうれしいですね。

 

@maguro_torotoroさんのInstagram

 

ころんとかわいいにわとりが乗ったお鍋を作ったのは、@maguro_torotoroさんです。

 

ニワトリの体は、大根おろしをぎゅっと丸く成形するだけなので難しくありません

 

トサカには人参、くちばしはコーン、目は黒ゴマで表現しています。

 

お顔用に細々した材料が必要ですが、冷凍のミックスベジタブルを使えば、必要な野菜を少量準備するのも苦ではなさそうです。

 

おうちにある野菜で、知恵をしぼってみてください。

 

【上級編】自然な野菜の色味で、カラフルな大根おろしアート鍋

@charsweets24さんのInstagram

 

立体的な大根おろしアートはお手のもの!という器用な方に向け、ここでは大根おろしの色付けを中心に、応用できるアイディアをご紹介します。

 

2匹のわんちゃんがとってもキュート@charsweets24さんのお鍋は、白以外の色味も野菜のナチュラルなカラーだけでできています。

 

左の薄紫のわんちゃんは、なんと紫大根をおろしただけ! 

 

また、2匹の鼻の濃いピンクは、ビーツをすり下ろしてちょこっと付けたんだそう。野菜の色味が、こんなに美しいなんて普段なかなか気づけないものです。

 

カラフルで楽しいのに、体にやさしくおいしい大根おろしアートのアイディアを是非マネしてみてください。

 

@massu_po_oqさんのInstagram

 

はじめにご紹介した白くまの応用編として、パンダの大根おろしアート鍋があります。

 

耳や腕に海苔をまいて黒くすると、白クマがパンダに変身

 

また違うかわいらしさの、愛嬌あるお鍋が完成します。

 

海苔の黒を大根おろしと組み合わせれば、様々な白と黒の動物を表現することができます。

 

お正月のお鍋に、2021年の干支である「丑」を登場させてみるのも面白いかもしれませんね。

 

@chocolate_gohanさんのInstagram

 

トイプードルがお風呂に浸かっているような、キュートなお鍋の作者は@chocolate_gohanさん。

 

こちらは大根おろしに醤油をまぜ、トイプードルの毛色に近づけています。

 

また、足の裏の肉球をしめじで表現しているのは、芸が細かい…!

 

白菜ミルフィーユ鍋にきのこはぴったりなので、お味を邪魔しないところも秀逸です。

 

醤油の他にも、お好みでポン酢を使ってもおいしく仕上がりそうです。

 

また、オレンジ色なら、人参のすりおろしを大根に混ぜると簡単に色のチェンジができます。

 

オレンジ色の猫や、ハロウィン時期にカボチャをイメージしたお鍋はいかがですか。

 

他にも、ほっぺをほんのり色付けるなど、赤を使いたい時はケチャップをうすく乗せるとかわいく仕上がります。

 

少量なので、味を邪魔する心配はありませんよ

 

まとめ

@matakayo0719さんのInstagram

 

様々な大根おろしアート鍋をご紹介しましたが、作れそうなものは見つかりましたか?

 

いつものお鍋のバリエーションに飽きてしまった時は、家族へのサプライズとして大根おろしアート鍋を食卓に登場させてみてはいかがでしょう。

 

お鍋のおいしさだけでなく、食べる人を笑顔にできるのは、大根おろしアート鍋の最大のポイントです。

 

なかなか外出し辛い時期だからこそ、大根おろしアート鍋をきっかけに、おうちご飯がより楽しい時間になればうれしいです。

 

お鍋で楽しむなら採れたての冬野菜で♪

鍋野菜セット※熟成さつまいも付き※
【お雑煮にも】

 

年末年始のお雑煮や鍋料理にぴったりの野菜セットです。
大根、人参、小松菜or水菜、里芋に加え、
食べ頃になるまで熟成させたさつまいもも入れた、
5種類のお野菜を箱いっぱいにお届けします。

 

お鍋向き野菜セットを見る

 

 


 

【あま~い大根】大根3本セット【泥なし】

 

大根3本セットの登場!

鍋や煮物など冬の料理に大活躍な大根。

 

今回ご紹介したみぞれ鍋にもおすすめです!

冬の寒さで糖度が増したとっても甘い大根です!!

 

抜群の甘み!大根を見る

 

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする