お料理するたびに野菜のくずを集めておこう

 

ベジブロスが流行したのは、7〜8年前だったでしょうか。はじめてベジブロスを飲んだときに、そのおいしさに感動したのを今でも覚えています。

 

でも、ベジブロス作りにはコツがあり、うまくできないと苦かったりえぐみが強かったりいやな香りがするものに仕上がってしまうのです。

 

注意点をおさらいしましょう。

 

 

1.数種類の野菜くずを用意する

集める野菜くずはどんなものでも構いませんが、一種類のものがたくさんあるより、4〜5種類くらいはあった方がおいしくなります。また、玉ねぎの皮をたくさん入れすぎると苦味の原因になりますから、気をつけましょう。甘みのある野菜と緑色の野菜を半々か、甘みのある野菜を多めにするとおいしいですよ。

 

【おすすめの野菜】

にんじんの皮やへた/トマトのへた/ほうれん草の軸/とうもろこしの芯/じゃがいもの皮/ネギの青い部分や根など

 

2.香味野菜やハーブを一緒に入れる

一緒に入れるものの中に、ローリエ1枚でもハーブが入っていると、よりよい香りに仕上がります。セロリや生姜、パセリの茎などをちょっと入れるだけで、ぐっと味に広がりが出るので、おすすめです。

 

3.集めた野菜くずは冷凍保存で

野菜くずをいつまでも冷蔵庫に置いておくと劣化してしまうので、冷凍庫にチャック付き保存バッグなどを入れておき、そこにためていくようにしましょう。

 

ベジブロスをひいてみよう

 

材料

・野菜くずやハーブなど……両手一杯分くらい

・水……1.5リットル

 

つくりかた

1.鍋に野菜と水を入れ、弱火にかける。

2.沸騰したらそのまま3分測り、火を止めて野菜くずを濾す。

 

 

※ベジブロスの加熱時間はさまざまなレシピがありますが、強火でぐつぐつしてしまうとえぐみが強くなるので気をつけましょう。

 

ベジブロスの使い方

 

できあがったベジブロスは、野菜の甘みと香りを感じられるスープとして楽しめます。このまま塩こしょうをして飲むこともできますし、カレーやお肉を煮込むときに使うこともできます。お米を炊いてリゾットにするのもおすすめ。離乳食としても役立ちますよ。

 

関連する記事

食の教科書の記事ランキング

人気の食の教科書の記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする