大葉(青しそ)はミネラル類を多く含み、βカロテンとビタミンB2、カルシウムの量は野菜の中でもトップクラスです。また独特な爽やかな香りは抗菌・防腐作用があるといわれています。

 

薬味や付け合せとしてよく使われている大葉ですが、 栄養面だけでなく添えることで彩りもきれいになるため、料理のアクセントにもなる優秀な野菜です。また、生で食べられるのもうれしい野菜。ぜひ旬のこの時期に積極的に取り入れたい食材ですね

 

今回はこの季節にぴったりな爽やかな香りがいいアクセントになる、大葉を使った焼きおにぎりをご紹介します!

 

大葉としらすの焼きおにぎり

 

調理時間:30分

 

材料(2人分)

 

・温かいごはん :お茶碗多め2杯分程度

・しらす :大さじ2強

・大葉 :8枚

・白いりごま :大さじ1/2

・シュレッドチーズ :大さじ2強

 

(みそだれ)

・みそ :大さじ1

・きび砂糖 :小さじ1/2

・みりん :大さじ1/2

・酒 :大さじ1

 

・ごま油 :適量

 

調理方法

1.大葉は細かくみじん切りにします。

 

2.小さめのボウルにみそだれの材料(みそ、きび砂糖、みりん、酒)を加え、滑らかになるように混ぜ合わせます。

 

3.大きめのボウルにごはんを入れ、しらすと大葉、チーズ、白いりごまを加え、さっくりと混ぜ合わせます。混ぜ合わせたごはんを4等分にしてラップ等で包みおにぎりを作ります。

 

4.おにぎりの片面に2で作ったみそだれを塗ります。フライパンにごま油をしいて熱します。みそだれを塗った面を上にして片面ずつ焼きます。

 

5.片面が色づいたら裏返し、みそだれを塗った面も焼きます。みそだれ部分は焦げやすいので、火加減に気を付けながら焼きます。両面に焼き色がこんがりとついたら取り出します。

 

ワンポイントアドバイス

お好みでブラックペッパーや七味唐辛子、山椒などをごはんに加えても美味しいです!フライパンで焼きましたが、オーブントースターや魚焼きグリルでも美味しく焼けます。その場合はみそだれを塗った面を上にして焼いてください。

 

大葉のレシピは他にもご紹介しています。こちらもあわせてご覧ください。

【簡単・美味しい・便利】大葉で作る3種の保存食レシピ

猛暑でも食欲UP!和ハーブ大葉を使った「冷やし明太子うどん」で爽やかな夏へ

 

参考文献

JA宮崎経済連 宮崎県産農畜産物

http://www.kei.mz-ja.or.jp/mhyakka/3247/ 

JAグループ 野菜のチカラをもっと知る

https://life.ja-group.jp/food/shun/detail?id=76 

 

関連する記事

旬&レシピの記事ランキング

人気の旬&レシピの記事

おすすめの記事

食べチョク&moreで注目の記事

新着の記事

最新のトレンドをチェック

こだわり農家の朝どり野菜をご自宅で

全国の厳選オーガニック農家から直接届く、素材本来の美味しさ。
その“楽しみ”をあなたも体験してみませんか?

食べチョクをチェックする